離乳食

離乳食でみかんをそのまま食べられるのはいつから?注意点やアレンジもご紹介。

本ページはプロモーションを含んでいます。

離乳食 みかんをそのまま食べられるのはいつから? 注意点やアレンジもご紹介
アバター画像

くるくる

4歳娘👧1歳息子👦を育てるワーママ🌴普段着きもの生活👘✨ゆるゆる育児・適度に手抜きな離乳食・着物での育児やセルフメンテなど📒30代:九州出身:自分が悩んだこと気になったことを書いてます(´ー`)

こんな方におすすめ

  • 離乳食でみかんをそのまま食べられるのはいつから?
  • 食べさせ方やアレンジが知りたい!

果汁であれば5ヵ月頃から食べさせられるみかん。

ですがそのまま食べられるのはいつからなのでしょう。

 

そのままのみかんは生後7ヵ月頃から食べられます

我が家のむすこは離乳食中期の8ヵ月にみかんをそのまま食べられるようになりました。

ただ、薄皮をむいたり食べやすい大きさにするなど注意してほしいポイントもありますのでぜひ最後まで読んでみてください。

みかんをそのまま食べられるのは離乳食中期から

みかん

離乳食中期の7、8ヵ月頃~◎です

食べさせ方のポイントは

・薄皮をむくこと

・食べやすい大きさにすること

むすこはみかんが大好きすぎてまだくれー!と手を伸ばしてくるので、母は薄皮をむくのが大忙しです。(笑)

缶詰のみかんは食べられる?

我が家の1歳むすこは缶詰のみかんをまだ食べたことがありません。

食べさせたい場合は水で洗う、お湯をかけるなどして甘味料を洗い流すと◎。

くるくる
今の時期はまだフレッシュなみかんを食べさせようかなー!

薄皮はいつから食べられる?

むいたみかん

くるくる
うちのばーちゃんは3歳くらいまで薄皮をむいてくれてたけど・・・。

離乳食の完了した1歳半頃から食べさせている家庭が多いようです

 

みかんの量はどれくらい?

悩む人

1食25g~30g

温州みかんなら半分程度です。

厚生労働省の授乳・離乳の支援ガイドによると

野菜果物の量(1回あたりの目安量)

7~8ヵ月:20~30g

9~11ヵ月:30~40g

12~18ヵ月:40~50g

厚生労働省:授乳・離乳の支援ガイド

野菜と合わせて上記の量にするのが望ましいです。

食べさせすぎると下痢をすることがあるので気を付けましょう。

みかんの栄養素

ビタミンCが豊富に含まれています。

他にもビタミンA、葉酸、カリウムなどの成分が含まれています。

みかんは冷凍できる?

ひとつひとつバラバラにしてジップロックに入れて冷凍。

食べるときは自然解凍orレンジでチンでOK!

離乳食でみかんをあげるときの注意点

チェック

・アレルギーに注意する

・下痢になりやすいので食べさせすぎに気を付ける

・丸のみしやすいので食べやすい大きさにする

初めてあげる場合はアレルギーに注意

少量ずつ午前中にあげるようにしましょう。

また、加熱したものより非加熱の方がアレルギーがでやすい場合があるので最初は加熱すると安心です。

食べさせすると下痢になる

みかんには便を柔らかくする成分が含まれているので、食べさせすぎには気を付けましょう。

大きすぎると丸のみしてしまう

丸のみしてオエっとなってしまわないように食べやすい大きさにしてから与えてくださいね。

カミカミが上手に出来ているか、赤ちゃんのそしゃくの具合に合わせて大きさを変えると◎

離乳食のみかんアレンジはヨーグルトが◎

OKサイン

そのまま与えることの多いみかんですが、アレンジとしてはヨーグルトを使うことが多いです。

みかんヨーグルト

薄皮をむいて食べやすい大きさにしたみかんをヨーグルトとまぜる

さつまいもやバナナも一緒に入れたりします。

みかんサンドイッチ

一晩水切りしたヨーグルトをほぐしたみかんとまぜて食パンにサンドする!

くるくる
むすこは大好きでよく食べます!

みかんスマッシュケーキ

1歳の誕生日にスマッシュケーキを作りましたが、その時にもトッピングとして使いました。

材料

・食パン

・水切りヨーグルト

・みかんなどお好きなフルーツ

①食パンを丸くカットする

②水切りヨーグルトをぬる

③フルーツを乗せる

④①~③を繰り返す

食パンと水切りヨーグルト、フルーツで作れるので、1歳のむすこでも食べられて嬉しそうでした。

みかんをそのまま食べられるのはいつから?まとめ

まとめ

・みかんをそのまま食べられるのは離乳食中期7ヵ月頃から

・食べさせるポイントは薄皮をむく&食べやすい大きさに

・アレンジはヨーグルトが相性◎

 

寒くなってくるとみかんが美味しくなってきます。

旬のものを赤ちゃんも一緒に食べられるとママも嬉しいですね

赤ちゃんもママも食事を楽しめるようになると幸いです。

-離乳食